ブログブログ
Blog

酸素ハウス用爪とぎをお作りしました

先日、公式サイトの「お客様の声」に、一通のメールが届きました。

 

心筋症で、酸素ハウス生活を送っているスペアリブちゃん(以下、リブちゃん)のご家族からのものでした。送って下さったのは、酸素ハウスの中で、カリカリーナの赤いスツールに座っているお写真。

 

0908_スペアリブ君

 

そして、下のようなご感想が書かれていました。

 

「心筋症で酸素ハウス生活を送っているのですが、ストレス発散で爪とぎを酸素ハウスの中に入れているのですが、安い物だとカスが散らかってしまいすぐにダメになってしまうので、思い切って購入しました。 酸素ハウスのサイズが横80×奥行60×高さ55なので、あまり大きい物は入れられなかったので、小さいのを選びました。 最初は寄り付かなかったのですが、2日後には上手に使い始めてくれました。サイズ的に小さくて可哀想なのですが、最近はガリガリ爪も研いでくれるようになりました。ケージの中でも使えるようなものがあるといいなと、個人的に思いました。」

 

このメールを見て、弊社の代表が一言
「この子のために、爪とぎを作ってあげたいね。」

 

そんなきっかけから、リブちゃんのご家族にご連絡をお取りして、酸素ハウスの中で快適に使える爪とぎを作らせていただけませんか、とご提案しました。すぐにご快諾いただき、代表がお家にお伺いして、実際に酸素ハウスで生活しているリブちゃんの様子を拝見し、爪とぎの設計がスタートしました。

 

完成した爪とぎは、こちらの2つです。

1つめは、爪とぎできる平面を広めに取り、座ってくつろぐときはもたれることができるように、角を高くしてカーブをつけたもの。

 

ribchan_1

 

ribchan_2

 

リブちゃん、さっそく顎をのせてくれました。


もう1つは、丸まってくつろぐことをメインにした、楕円形のお椀型のもの。
快適にくつろげるように、お椀の角度や、高さにもこだわりました。

 

ribchan_3

 

こちらの爪とぎは、先日、窓辺で日向ぼっこするときにも使って下さったそうです。

 

ribchan_4

 

暖かい日差しが気持ちよさそうですね。

ご家族にも喜んでいただけたようで、ホッとしているところです。

 

リブちゃんのために、私達ができることはごくわずかですが、少しでも毎日を快適に過ごせるように、という思いでお作りさせていただきました。

 

リブちゃん、どうぞお大事に。この冬も、暖かくして過ごしてくださいね。

2021.11.05