コンテンツに進む

猫の日キャンペーン開催中!カリカリーナ公式オンラインショップ

カリカリーナブログ

猫とおしゃべり

猫の鳴き声には種類がある!鳴き声を聞いて猫の気持ちを理解しよう!

ライター 戸塚稀実子

 

猫を愛する皆さま、こんにちは♪

猫の鳴き方は?と聞かれて真っ先に思いつくのは「ニャー」だと思いますが、猫の鳴き方はワンパターンだけではありません。

そうです。猫の鳴き声にはいろんなパターンがあるんです♪

今回は猫の鳴き声の種類と、その時の気持ちについて解説します。

これを読めば、猫ちゃんの気持ちを理解できるようになるかもしれません♪

猫の鳴き声その①:ニャ!
短めの声で「ニャ!」と鳴いている意味。これは猫にとっての挨拶と言われています。

とくに猫同士が絡んでいる時にこの声が聞こえた時は、高確率で挨拶をしていると思って良いでしょう。

猫界でも挨拶があり、さらには「ニャッ!」と声まで出すとは…想像しただけでかわいいですね。

猫の鳴き声その②:ニャー
私たちが1番よく耳にする、ニャーやミャウなどの声。これは主に猫が相手に何かを訴えている時に発する鳴き声です。

「ごはん食べたいニャー」
「もっと遊んでほしいニャァ」

など、ニャーやミャウという声は、基本的に何かをアピールしたい時であることが多いと言います。

猫の鳴き声その③:ゴロゴロ
これもよく聞く鳴き声ですが、のどを鳴らすようなゴロゴロ声を出している=甘えている証拠です。

ゴロゴロが出るのは、気持ちがリラックスして穏やかな気持ちである表れなので、ゴロゴロしている時は、甘えているんだなと優しくナデナデしてあげてくださいね♪

猫の鳴き声その④:シャー!ウーッ!
シャー!やウーッ!など、猫が怒っているかのような声を出すことがありますが、これは攻撃的になっている時の声です。

だいたいこの時の猫の顔を見ると、とっても恐ろしい顔をしているので、そんな時はそっとしておくのが良いでしょう。

猫の鳴き声その⑤:カカカカ・・・・
日常生活で耳にする機会は少ないかもしれませんが、猫が「カカカッ!」と鳴いている時は興奮している時です。

自分の気になる相手、つまりは「獲物を捕まえたいけれど捕まえられない~!ああぁぁもどかしいニャ!」という時に出る声だと言われています。

さて、ここまで猫の鳴き声を5パターン紹介してきました。

鳴き声で猫の気持ちを理解してあげられたら、またひとつ猫との距離が縮みそうですよね。

今回は猫の気持ちと鳴き声について解説しましたが、猫の気持ちが分かるのは鳴き声だけではありません。

しっぽの形やひげの角度、耳や目の様子でも猫の気持ちが分かるんです!

猫と暮らしている方や、普段接する機会がある方はぜひ猫のいろんなところを見て、猫の気持ちに寄り添ってあげましょう♪

例えば目を細めている猫ちゃんは、リラックス中であると言われています。

こんな感じです。

お客様の声より>>Luceはお気に入りのくつろぎスペース。ミヌエットのベルちゃん

お客様からいただいた写真を見ていてよく思うのですが、やっぱりカリカリーナを使っている子たちは圧倒的にリラックスしているんですよね。

とくにこのミヌエットのベルちゃんが使っているLuceや、Basicは猫ちゃんがゆったり休めるように設計されているので、リラックスできること間違いなし♪

ぜひ皆さんもチェックしてみてくださいね。

戸塚 稀実子

トズカ マミコ

猫とおしゃべりのライター歴5年目!
犬派から猫派になった主婦ライター

この5年で猫の知識が増えすぎて困ってます!
猫はたんなる気まぐれの生き物じゃありません。
奥が深くて知れば知るほど沼にハマる。
それが猫の魅力なんです。

記事に出てきたアイテム