ブログブログ
Blog

猫とおしゃべり猫とおしゃべり

猫って1日何時間くらい寝ているの?たくさん寝る理由と快適に眠るために気を付けること

ライター 戸塚稀実子

3448076_s

 

猫を愛する皆さま、こんにちは。

 

皆さまは、猫ちゃんに1日どのくらいの睡眠時間が必要か知っていますか?

 

実は1日に14~16時間ほどの睡眠時間が必要、というかそのくらい眠っていることがわかっています。

 

14時間~16時間というと、1日のほとんどの時間を寝ているということになりますね。

 

今回は猫ちゃんがどうしてこれほど睡眠をとるのか、そして快適に眠るために飼い主さんが知っておきたいことをご紹介します。

 

猫が14~16時間の睡眠が必要な理由は?

279148_s

 

ご存じの方もいると思いますが、猫はもともと狩猟動物です。縄張り争いをはじめ、狩りをする動物でした。そのため、1日の大半を睡眠に当ててエネルギーを蓄えていたのです。

 

しかも猫や犬はほとんどがレム睡眠という浅い眠りなんですって。

たしかに猫や犬って寝ているときにやさしく触ったり、声をかけたりすると一瞬で飛び起きることが多いですよね!

 

ということで、猫がたくさん寝る理由は・・・

「もともと狩猟動物だったため、エネルギーを蓄えるために寝ているから」でした!

 

猫が快適に眠るために気を付けたいこと

3152437_s

 

1日のほとんどを寝ている猫ですが、浅い眠りが多く、熟睡できている時間は1日約60分しかないんです!

この60分の間は猫ちゃんに快適な環境でしっかりと眠ってほしい!ということで、ここからは猫が快適に眠るために飼い主さんに気を付けてほしいことをお伝えします。

 

まず、気を付けていただきたいのが次の3つです!

 

  1. 部屋の明るさに気を付ける
  2. 室内の温度調整をしっかり行う
  3. 猫が好む場所を作ってあげる

 

猫は明るさに敏感な動物です。前足で目を隠すようにして眠っている場合は、「まぶしい!」と主張している合図なので、部屋の照明を消したり、暗い場所で寝させてあげたり、環境を整えてあげましょう。

 

そして、こちらのコラムでも繰り返しお伝えしていますが、室温調整はかなり重要!夏は必ずエアコンをつけましょう。室温は28℃くらいがベストです。

⇒猫の暑さ対策に関するコラムはこちら!
思い込みに注意!間違った猫の暑さ対策と猫が出すSOSサインとは

 

最後に、猫は適度に暗くて狭い場所を好みます。猫が丸まってゆっくり過ごせるように、かまくらやバスケットを用意するのもよいでしょう。

 

⇒カリカリーナの「ZOO」シリーズは閉鎖的な場所が好きな猫ちゃんにぴったりのアイテム。

ゆっくりお休みしながら、カリカリ爪がとげますよ♪

 

IMG_1329_n

ZOO_logo_BT

 

 

一方で暖かい場所も好きなので、日向ぼっこができる場所がありそうでしたら、確保してあげてください。

 

また、猫にとって「高い場所」は、敵に狙われずにゆっくりと過ごせるところのひとつ。安心して過ごせるため、部屋にキャットタワーなどを設置して高いところを作ってみるのもおすすめです。

 

⇒キャットタワー「Torre e mezzo」は、天井まで届く高いタイプもご用意しています!猫ちゃんは、お部屋にいながら高いところでリラックスできるのでとってもgood♪

 

 tem-mugikinu01

Torre_e_mezzo

 

 

今回は、猫ちゃんがたくさん眠る理由と、快適

に眠るために気を付けてほしいことについてお伝えしました。

 

1日の大半を寝ている猫ちゃんですが、そのなかでたったの60分程しか深い眠りについていない、という事実には驚きましたね。

 

ここでお伝えしたことを参考に、猫ちゃんが快適に眠れるよう飼い主さんは手助けしてあげてください♪

 

 

にゃんこ家具カリカリ-ナ

------------------------------------------------------------------------

コラム「猫とおしゃべり」  

#39 猫の年齢は人の10倍!?猫の年齢を人に当てはめてみた!

#38 飼い主なら知っておきたい!猫ちゃんが幸せになる15の方法をお届けします!

2020.07.21

戸塚 稀実子
(トズカ マミコ)

犬派だけど猫のことも知りたい!
肉好きの主婦ライター

かわいいと思う猫:
ブリティッシュショートヘアー

好きな犬:
ミニチュアダックスフンド、シーズー、フレンチブルドッグ

猫に関して知りたいこと:
なぜ気分屋やツンデレな性格といわれているのか?

阿部 真麩美
(アベ マフミ)

人生の25年間を6頭の猫と暮らした
猫派ライター

インターネットが普及して一番良かったことは、
いつでも猫動画が見られるようになったこと。
猫と食べ物と、お風呂で解く数独が大好き。