コンテンツに進む

猫の日キャンペーン開催中!カリカリーナ公式オンラインショップ

カリカリーナブログ

カリカリーナについて

カスが出ない!の検証

さて、カリカリーナシリーズの売りの1つが「ダンボールの硬さ」です。

IMG_1188
ゴージャスなソファーで、新たな構想を練るKAI工場長(笑)

ダンボールが硬い

から

削りカスが出にくい

削れにくいから長持ちする

猫にとっては爪のとぎ甲斐がある

のです。

「え~本当にカスが出ないんですか???」

という質問、よく受けます(笑)。 一般的に売られている爪とぎしかお使いでない方は、そういった疑問を持たれると思います。

20150211_133703
他社さんの爪とぎ(市価2000円前後)

20150211_133640
他社さんの爪とぎ 内側にカスがたまっていますね!(市価1700円前後)

こういう商品を使っていらっしゃると、やはり「爪とぎのカスは、出るものだ」という意識になるかと思います。

そこで、カリカリーナのカスがどれくらいでないかを、検証してみることにしました。

じ、実は・・・。

部屋にあるカリカリーナの周りを、かれこれ1か月ほど掃除していない事実に気づきまして「ちょうどいい!」とばかりに、写真を撮ってみました。

BeautyPlus_20161012105306_fast
正面から見ると、とくに問題がないように思えます(笑)

BeautyPlus_20161012105511_fast
カリカリーナを除けてみたら、毛だらけ(笑) ダンボールのカスは粉状のものが散っていました。

お見苦しいものをお見せして申し訳ございません。 が、このように「目で確認できる削りカス」はカリカリーナの周りには落ちておりませんでした。その代り、猫の抜け毛と、細かいカスがカリカリーナの下全体に散らばっておりました。

BeautyPlus_20161012110110_fast
最近は、起きがけにこの部分でガリガリするのが好きなようで、この近辺が急激にえぐれています。

BeautyPlus_20161012105413_fast
でも、その下はこんな程度なのです。

わたくし事で恐縮ですが、実はわたくしカリカリーナを知った→猫を飼った という順番を踏んでおり、「爪とぎカスの掃除に悩む」ことがなかったんです(笑)

日本のご家庭では、「カスの掃除はお父さんの仕事」とされていることが多いとうかがいました(当社調べ) カリカリーナの存在を、ぜひ多くの「猫を飼っているお父さん方」に知っていただきたいな♡ と思っている次第です。

今日は美しい秋晴れですね!

みなさま、にゃんだふるな1日をお過ごしください。

カリカリーナ加藤でした

お買い物はこちらから