ブログブログ
Blog

猫とおしゃべり猫とおしゃべり

浅草・和泉屋の猫せんべいをご紹介!自分へのお土産やギフトにいかが?

ライター 戸塚稀実子

 

nekosenbei_1

 

 

猫を愛する皆さま、こんにちは♪

 

前回のコラムでは浅草で開催されている「ニャンフェス」のレポートをお届けしましたが、読んでくださったでしょうか。

 

実はこのニャンフェスの帰り道に、とってもカワイイ猫せんべいを販売しているお店を見つけまして・・・

 

猫好きの方なら知っているかもしれませんが、今回ご紹介するのは昭和15年創業の老舗煎餅店「和泉屋」です!!

 

和泉屋で販売している猫の形をした猫せんべいは食べるのがもったいないくらい本当にかわいくて、猫好きにはたまらないと思います。

 

浅草に本店、仲見世店、観音通り店の3店舗ありますが、わたくしが行ったのは「本店」です。

 

東京メトロ銀座線浅草駅1番出口出てすぐ、雷門通りから観音通りに入ってすぐの場所にありますので、アクセスもしやすいですよ。

 

ご覧のとおり、お店の外には猫せんべいがズラリと並んでいます。

ついつい写真を撮りたくなるかわいさですよね~!

 

nekosenbei_2

 

わたくしはこの、1,500円で販売されている「猫せんべい」を購入!

 

nekosenbei_3

 

ほかにも1枚ずつ個包装された「大ねこせんべい」や、袋やビン詰めにされて売っている「中ねこせんべい」、直径約3センチの「子ねこあられ」などなど、いろんな種類の猫せんべいが用意されているのも嬉しいポイントです。

 

肝心なお味ですが・・・さすが老舗煎餅店!見た目だけじゃなく食感も味も素晴らしいです。

 

それもそのはず。和泉屋のせんべいは、国内産のもち米やうるち米、醤油、海苔、天然塩など上質な素材を使用しています。そして、創業当時から昔ながらの自然乾燥&焼き方で作られているからこそ、香ばしいせんべいの香りとパリッとした歯ごたえを楽しめるんです。

 

そんな和泉屋の猫せんべい、とにかく種類が豊富なので何を買おうか悩んでしまう方もいるはず。大ねこせんべいを1枚ずつ買うのも良いですが、いろんな味を食べたい方やギフト用に購入したいと考えている方にはやっぱりわたしくが購入した袋入りの「猫せんべい(1,500円)」や直径3センチのかわいいあられがたっぷり入った「子ねこあられ 袋入り(1,000円)」がオススメです♪

 

お味はざらめ、抹茶、白砂糖、のり、青のり、ごまなど。いろんな味をちょっとずつ食べられるのがいいですね。

 

nekosenbei_4

⇒こんなかわいいパンフレットもいただきました♪

 

自宅に帰り、お皿に盛ってみましたが、ただお皿にのせるだけでこんなにかわわいいんですよ~!

 

nekosenbei_5

 

「猫せんべい(1,500円)」のサイズはこんな感じです^^

 

nekosenbei_6

 

猫好きの方がおうちに遊びに来たときにサッと出してあげたら、とっても喜ばれそうですよね。

 

次回のニャンフェスも2022年10月23日(日)に浅草で開催することが決定していますので、ニャンフェスの際に立ち寄ったり、浅草観光のついでに足を運んだりしてみてはいかがでしょうか。

 

また、通販での販売も行っているので、遠方に住んでいる方もぜひ公式サイトをチェックしてみてくださいね。

 

今後も猫をモチーフにした美味しい食べ物やスイーツがあればどんどん紹介したいと思いますので、どうぞお楽しみに♪

 

【浅草 和泉屋(本店)】

住所:東京都台東区浅草1-1-4

電話番号:03-3841-5501

営業時間:11:00~18:30

※営業時間は変更になる場合あり。

定休日:木曜日

公式サイト:https://www.asakusa-senbei.com/

本店以外の店舗情報は公式サイトをご確認ください。

 

 

にゃんこ家具カリカリ-ナ

 

コラム「猫とおしゃべり」

#82 『ニャンフェス15 in浅草』に行ってみた!

#81 【2022年版】今年の猫の名前ランキングはこれだ!

#80 春に観てほしい、猫が登場する映画を紹介します!

#79 猫には危険!?春に起こりやすいトラブルを知っておこう!

#78 猫が飼い主さんを舐める5つの理由

#77 猫が喜んでいるときはこんな行動をとるんです!!

 

 

IMG_4527

2022.05.10

戸塚 稀実子
(トズカ マミコ)

犬派だけど猫のことも知りたい!
肉好きの主婦ライター

かわいいと思う猫:
ブリティッシュショートヘアー

好きな犬:
ミニチュアダックスフンド、シーズー、フレンチブルドッグ

猫に関して知りたいこと:
なぜ気分屋やツンデレな性格といわれているのか?

阿部 真麩美
(アベ マフミ)

人生の25年間を6頭の猫と暮らした
猫派ライター

インターネットが普及して一番良かったことは、
いつでも猫動画が見られるようになったこと。
猫と食べ物と、お風呂で解く数独が大好き。