コンテンツに進む

猫の日キャンペーン開催中!カリカリーナ公式オンラインショップ

カリカリーナブログ

猫とおしゃべり

世界最大の猫種!メインクーンについて調べてみました!

ライター 戸塚稀実子

2165753_s

猫を愛する皆さま、こんにちは♪

猫好きなら知っている方も多いと思いますが、今回は世界最大の猫種といわれている『メインクーン』についてご紹介します!

というのもですね、ふと先日「猫の中には大きい猫、小さい猫っているはずだけど、正直全然知らないなぁ」と思ったため、調べてみたくなったのです。

犬ならゴールデンレトリバーは大きい、チワワは小さいという感じで、パッと思い浮かぶのですが、猫の種類に詳しくない私は、猫の種類によってサイズが異なることもよくわかっていません。

まずは大きい猫を調べてみたくなりましたので、ここでは世界で一番大きいといわれている『メインクーン』について深堀していきたいと思います!

気になる!メインクーンの特徴はこんな感じ

3554816_s

力強く大きな体とゴージャスさを感じる長い毛をもつメインクーン。

原産地はアメリカで、もともとはネズミ退治の猫として活躍していたんだとか!

メインクーンの名前の由来は、アメリカのメイン州のラクーン(アライグマ)との交配で生まれた猫ではないか?という噂からきているそうです。

なるほど~!メイン州のラクーン⇒メインクーンとなったのですね^^

そんな大きくて立派な体をもつメインクーンの平均体重は4.5~8kg。

ちなみに、人気の猫種ランキングでも常に上位にランクインする『スコティッシュ・フォールド』の平均体重は大体3~6kgほどです。

4453413_s

それぞれの体重を比べてみても、その大きさの違いは一目瞭然ですね。

つづいてメインクーンの性格について見ていきましょう。ねずみを追いかけていたころのハンター気質は残っているものの、基本的にとっても穏やかで人懐っこい子が多いそうです。

こんなに大きくて人懐っこいだなんて!私はメインクーンに会ったことがないのですが、いつか触れ合ってみたいなぁと思いました♪

体重14kg!メインクーンの中でも世界一の大きさを誇る猫がこちら!

なかでも世界一大きいことで有名な猫のオマール君について紹介します♪

オーストラリアのメルボルンで暮らすメインクーンのオマール君は、なんと体重14kg、体長は120cmもある超ビッグな猫ちゃんです。

メインクーンの平均体重は4.5~8kg。14kgもあるオマール君がどれだけ大きいか、想像つきますよね。

そんなオマール君の写真はこちら♪

見てください、この大きさ!

女性の飼い主さんが抱っこしているのがオマール君ですが、猫とは思えない大きさですね。

ちなみにオマール君は、飼い主さん夫婦の体をベッド代わりにして、いつもご夫婦のどちらかの体の上にどでーんと寝ているそうです。

これだけ大きな猫を実際に目にする機会はほぼ無いと思いますが、大きめの猫って小さい猫にはない魅力があってかわいいですよね。抱っこしただけで心もホッと温かくなりそう^^

ちなみに皆さんの中には、大きい猫を飼っている方もいるのではないでしょうか?

最後に、そんな大きめの猫ちゃんでも安心して使える、カリカリーナのスツールセットを紹介させてください♪

ソファーのサイズは3種類、スツールは2種類ありますので、下記のように組み合わせられます。。 

stoolsetsize

ソファの横幅が70cmもあるグラングラン(XL)のソファーにスツールグランデを足せば、大きめの猫ちゃんにピッタリです。


スツールセットは Basicシリーズ とLuceシリーズ で展開しています。

stoolset_basic_luce_640

左:Basic スツールセット エンジェルピンク   右:Luce スツールセット オーシャンブルー

大きい猫ちゃんとお暮しの方は、ぜひゆったりくつろげるスツールセットをお試しください♪

kaistoolset_pp_500


コラム「猫とおしゃべり」 

#55 シンガプーラって本当にかわいい!世界最小猫種の魅力に迫ります!

#53 猫は身体能力がめちゃくちゃ高い!その秘密は身体の構造にあった!

#52 猫は人間の8倍も耳が聞こえる!?猫の耳がいい理由を調べてみた!!

#51 猫はどうして赤ちゃんに優しいの?その理由は○○にあった!

#50 「うちの猫が爪とぎをしない!?」猫が爪とぎをしないその理由を解説!

#49 猫と仲良く暮らしたい!飼い主さんが心がけたい4つの気遣いとは?

戸塚 稀実子

トズカ マミコ

猫とおしゃべりのライター歴5年目!
犬派から猫派になった主婦ライター

この5年で猫の知識が増えすぎて困ってます!
猫はたんなる気まぐれの生き物じゃありません。
奥が深くて知れば知るほど沼にハマる。
それが猫の魅力なんです。