ブログブログ
Blog

コラム第3回「猫アレルギーについて」を読んで「猫の十戒」を考えた

みなさんこんにちは!新米スタッフの羽賀です。

 

ランチから戻ったらフワフワ座布団つきの椅子を占領されていました。

1547006292570

 

ま、あけわたしてはくれませんよね・・・。
1547006311618

 

タヌキ寝入りってやつですよね ;-) 1547006319083

 

私はまだまだ新米なので、ボスであるKAI工場長に座布団をお譲りし、

代わりに社長のイスで仕事することにします!(他のスタッフと同じ椅子です)

 

-------------------------------------------------------------------------------------

さて、カリカリーナがお届けするコラム「猫とおしゃべり」の第3回は、「猫アレルギー」についてでした。

 

 

猫を飼いたいと思っていてもアレルギーがあるからなぁ・・・。

 

と、カリカリーナのInstagramTwitterに投稿される可愛い猫ちゃん達を見ながら、猫と暮らす日を夢見ている方もたくさんいらっしゃるでしょう。

 

また、愛する猫ちゃんと暮らしているけれど、いつか猫アレルギーになったらどうしよう。なんて心配をしている飼い主さんも。

 

 

そう、猫アレルギーは花粉や食物のアレルギーと同じようにアレルゲンの許容範囲を超えた時点で発症するもの。

 

ですので、猫を飼い始めたときは大丈夫でも、しばらくたってから発症することもあるそうなのです。

 

*アレルゲンとは:

体内に入ってきた異物に対して免疫系が過剰に反応してしまい、間違って自分自身の体を攻撃してしまう現象がアレルギー反応。

そして、このアレルギー反応を引き起こす原因物質がアレルゲン。

 

 

これはもちろん、犬でも同じですね。犬の母をしている私としても、他人事ではありません。

(今は猫の部下でもあるし・・・)

 

 

アレルギーの初期症状は、くしゃみ・鼻水、のどの痛み、咳や喘鳴、目の充血やかゆみ、皮膚の発赤など。ひどい場合には喘息になってしまうリスクもあるのだとか! 猫に触っただけでなく、同じ空間にいるだけでも症状がでてしまうのだから、本当につらいですね。

 

でも、すでに猫アレルギーを持っているけれども多頭飼いをしている飼い主さんも多く、いくつかの工夫をすることによって猫との生活を続けられている。という内容のブログも多くみられます。

 

その中でも効き目がありそうなのが、清掃と空気清浄器だそうです。

お医者さまと相談しつつ、猫も人間も幸せに暮らしてゆく方法をみつけてゆきたいですね。

 

 

ところで、猫の十戒をご存知でしょうか?

 

猫を飼う前にこれを見て、よく考えてほしいと言われているアドバイスのようなものです。

猫と生活をしていて突然アレルギーを発症してしまったら!と想像していたら、「猫の十戒」のことを思い出しました。

 

猫アレルギーになっちゃったから、もう猫とは暮らせないわ~!

なんていうことにはしたくない。

最後まで守ってあげたい!

 

 

*「猫の十戒」は以前、公益社団法人 日本愛玩動物協会 長崎県支所のホームページに掲載されていましたが、現在は削除されているようです。カリカリーナの以前のブログに引用文が載っています。

 

 

 

 

猫の十戒は、こう始まっています。

 

「第一戒 私の生涯はだいたい15 年くらいしかありませんが、たまに20 年以上生きてしっぽが裂けます。ほんのわずかな時間でもあなたが離れていると腹が立ちます。私が家族になってやるので、そのことを覚悟しなさい。」

 

も~、猫ちゃんっぽくてたまらにゃいですね。猫目線(上から目線)で、猫好きさんは思わず「かしこまりました!」となってしまうこと間違いなしです。

 

ジョークも交えていて思わず笑ってしまいますが、猫ちゃん向けにアレンジされたものではなく元の文を読むと、もう少し深刻な気持ちになるかもしれません。

 

下記は「犬の十戒(じっかい)」の原文です。

いろいろな和訳がありますが、できるだけ忠実に日本語にしてみますね。

 

Ten Commandments for a responsible dog owner:

1. My life is likely to last 10-15 years. Any separation from you is likely to be painful.

責任ある犬の飼い主の10のおきて:

1. 私の命はおそらく10年-15年くらいしかありません。あなたと離れていることはどんなものでもとても辛いことでしょう。

 

上記は作者不明のまま世界中に広まっている英文の詩ですが、ノルウェーのブリーダーが犬の購入者に渡していた「犬からご主人への11のお願い」が原典であるとも言われています。最近では犬や猫の飼い主だけではなく ”Pet Owner” 「ペットの飼い主」 とされていることも多いようです。

 

この犬の十戒、すべて書き出すと涙が溢れて仕事にならなくなりますのでここでは書きません。

興味のある方はぜひ(ハンカチ片手に)ご自分で調べてみてくださいね。

 

十戒の話はここまでです。

 

私は幸いペットのアレルギーはありませんが、いつ発症するかわかりません。

ですのでできるだけ長く、できればずっと、アレルゲンが許容範囲を超えないように生活したいと思います。

 

まずは、日々まめに掃除することや空気清浄器を使うことから始めます。

あまりお掃除が得意ではないので・・・・がんばります!(掃除機と空気清浄器が)

-------------------------------------------------------------------------------

カリカリーナのモデルも兼ねているKAI工場長

line_1547012350340

寝姿は気を抜きまくりですが

撮影のときはモデルの顔に!

2013-11-03 16.25.37

カリカリーナの公式サイトへはこちらから

2019.01.09