ブログブログ
Blog

毎月更新!スタッフのおすすめ♪ 2020年4月 カリカリーナLegno

こんにちは、羽賀です。
カリカリーナでWEBを担当しています。

haga-main_600

 

今月から、カリカリーナの工場で働くスタッフが月替わりで
「おすすめの商品」と「おすすめポイント」
をご紹介することになりました😃

 

第1回目は私、羽賀のおすすめ商品、お手頃サイズの爪とぎ
「カリカリーナLegno(レーニョ)」
家のフスマでの爪とぎに悩んでいたご近所の方の話と共にご紹介します。

 

Legno

 

カリカリーナLegnoのおすすめポイント

haga-point_600

 

 1. さりげなくお部屋におけるシンプルな形

2. 木の枝を思わせる半円柱

3. 横でも縦でも使える

 

 

カリカリーナと言えば、
「姫っぽい」とか「ゴージャス」とかいうお言葉をいただくのですが、
そういうのはお好みでない方も少なからずいらっしゃると思います。

 

また、

「カリカリーナは高すぎて・・・。」


「使ってもらえないかもしれないものに1万円も出す勇気がな~い!」


という声も。


(※公式サイトでのお買い物なら返品可能です、こちらのページをご覧ください。)

 

 

そこでおすすめしたいのが、カリカリーナLegno(レーニョ)です。

イタリア語で「木」という名の通り、
円筒形の木材を真ん中から斧で二つにパッカリ割ったような形ですね。

 

カリカリーナ史上最もシンプルな形ですが、
もともと木登りが大好きな猫ちゃんにとっては、
木の幹や枝で爪とぎしている気分を味わえる爪とぎです。

 

サイズは 
幅 445mm、高さ 75mm、奥行き 150mm と、
邪魔にならず、税込 2,750円。


猫ちゃんのやんちゃさにもよりますが、
3か月~半年はしっかり研げるのではないでしょうか?

 

こんな風に、壁につけて縦にしても使えます。

 

legnov_600

 

 

猫の爪とぎで壁がボロボロ・・・そんなお悩みはありませんか?

 

2か月ほど前のご近所さんの話です。

猫ちゃんが、なぜかふすまをバリバリしはじめたとのことで、
ご主人は剥がされた部分をノリで補修の毎日・・・・


物置小屋の柱もすごく削られています💦

 

なかなかの爪とぎ職人ですね!

fusuma   wood

 

そこで奥様が、私のオススメ「カリカリーナLegno」をお買い求めになりました。

 

猫ちゃん、はじめはダンボールの固さに戸惑っていたようですが、
すぐに朝一番の爪とぎがルーティーンになったそうです。


「毎朝バリバリする音で目覚めるようになったのよ。」


とおっしゃっていました。

 

 

お役に立ててよかったです。

 

may_chan
爪とぎ職人のメイ次郎君 17歳

 

メイ次郎君が1日2回、2か月間使用したLegnoがこちらです。
before&after

 


遠目にはわからないのですが、近くで見ると
段ボールのハニカム構造が乱れているのがわかりますね。

 

ベテラン爪とぎ職人の使用に毎日耐えているLegno、偉い!

 

フスマで爪とぎをしていたということですが、普通に床置きでのご利用です。
主に奥側で研いでいるので、手前側と逆向きに置けばまだまだ使えます。 

 

固くて研ぎ甲斐があるので、ちょっとカリカリすると
満足する子も多いようです。

 

 

同じお悩みをおもちの方はぜひ試してみてくださいね。

 

尚、

 

-使ってもらえなかった場合
-ボロボロになった時
-猫を飼っていない方

 

は、青竹踏みの代わりに使ったらよいと思います。
(※あくまでも個人的な意見です!)

haga-howtouse

以上 WEB担当の羽賀でした。
次回は他のスタッフが登場しますので、お楽しみに!

 

 

にゃんこ家具カリカリ-ナ

 

Legno

 

スタッフのおすすめ 第2回

スタッフのおすすめ♪ 2020年5月 期間限定で発売したValentino

 

 

 

 

 

2020.04.07